読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚探更新

釣り

マイボートの魚探は2004年4月から天下のFURUNOのLS-4100を使用してたきが、12年経過して、時々電源が入らない、バックライトが消える、液晶表面が傷だらけになる中、浸水で追い打ちをかけてしまったので、更新することにした。

カートッパーやバスフィッシャー向け!超コンパクトな「魚探」登場|製品|ニュース|古野電気(フルノ) FURUNO

後継機種は、これにした。今年発売されたばかり。

【NEW】4.3型ワイドカラー液晶GPS内蔵ポータブル魚探 PS-511CN-E(中~東日本)/PS-511CN-W(西日本)|マリン事業部/HONDEX|製品情報|本多電子株式会社

電池もGPSも内蔵。これまで鉛蓄電池と、外付けGPSユニットの組み合わせで運用してきたがシンプルになりそう。

 注文の翌日に到着。乾電池の代わりにエネループ8本を入れて電源ON. 

f:id:t1000zawa:20160714211512j:plain

f:id:t1000zawa:20160714211901j:plain

f:id:t1000zawa:20160714230922j:plain

プロッター付き。GPSも補足して近所の海岸線が表示された。

基本性能面では、振動子は200KHz単周波で出力100Wなので、これまで運用してきた2周波のFURUNO LS-4100と比較する見劣りする。まあ釣りレジャー用なので、質実剛健のFURUNOの魚探を使ってきた感じからすると、華奢なつくりは否めないが、カラーでいろいろ楽しめそう。

振動子は、トランサム側に取り付けてみた。速く実戦投入したい。

f:id:t1000zawa:20160718163553j:plain