釣果報告 6/21

コロナと梅雨でお預けになっていたSTさんとの釣行がようやく実現。久々の出船に朝5時30分集合、6時出船ではりきって準備。天気は晴れで微風。6馬力船外機だが、パワーがいまいち。ニュートラルだと回転が上がるが、ギアが入るといまいち回転が上がらない。少しチョークを引いて回転を上げて航走。点検が必要だ。名島付近の18mラインから少し沖目まででコマセ釣りをするものの、良型のサバフグ、いつものネンブツダイスズメダイばかり。水面でナブラが近づいて来るがどうもイワシではない。何度かサビキ投入してその正体は小サバだった。

f:id:t1000zawa:20200628223131j:plain

そうこうしているうちに8時を回った頃から北の空が暗い。雨雲レーダを見るとなんと横浜方面は豪雨になっている。幸いにも雷雨ではないので即避難の必要はないものの、雨雲が徐々に南下してくる。これはそろそろまずいですね、休憩も兼ねて海岸に行きましょうということで森戸海岸へ。着岸した途端、ポツポツとキター。公衆トイレに着いたときには土砂降りの雨。ギリギリセーフの雨宿り。

f:id:t1000zawa:20200628223210j:plain

沖を見ると豪雨の中戻ってくるボートがちらほら。公衆トイレの軒先の雨宿りは、なんとも侘しい感じだが、ウッドデッキの洒落た建物でずぶ濡れになるよりはマシ。雨雲は南に進んでいたがちょうど逗子葉山で足踏みした後、北に進み始めた。1時間近く待っただろうか、ようやく雨が上がり、再出航。

 森戸海岸沖の8mラインで、北風で流してキスを狙う。エサはジャリメ。ポチポチとキス、メゴチが上がる。STさんがキスを連発しているのに、私はメゴチが連発し、メゴチを本命に釣っているようになってしまった(笑)かわいいホウボウも来たが、美しい羽を見せてもらった後、お帰りいただいた。

f:id:t1000zawa:20200628223239j:plain

流しては戻って、流しては戻ってを繰り返し、キスとメゴチそれぞれ十数匹となったところでいい時間に。12時半に帰着。

我が家はキス天メゴチ天でいただいたが、今回は塩加減が良かったのか、家族にはメゴチが好評だった。(負け惜しみではないです)STさんも天ぷらを堪能していただいたようで良かったです。またご一緒ください。

 ※釣った魚の写真撮るの忘れた!

釣果報告 5/31 SUPキス

緊急事態宣言も解除され、海岸も「立ち入りご遠慮ください」という状況ではなくなった。そろそろコロナ明け釣りに出撃!小手調べにSUPでキス釣り。朝6時から逗子湾に漕ぎ出す。南東の風弱く曇りでベタ凪。赤灯台手前まで行って、昨日上州屋横須賀佐島店で購入したジャリメでキス狙い。竿は去年SUP用に用意した80cmのショートタイプ。仕掛けをSUPの真下に落とす。1投目からプルプルと小気味良い当たり。キスだ!

南よりの微風に流されては戻り、流されては戻り。その度に着実に釣れる。竿が短いので大きめのキスだとドーンとダイレクトなアタリが出て気持ちいいい。
f:id:t1000zawa:20200531125928j:image

SUP釣りはボードにまたがるか、正座するか、あぐらをかくかという体勢なので長時間釣り続けると脚がしびれてくる。天ぷら一人三匹分の9匹を確保したので、8時過ぎに納竿。さて帰ろうと立って漕ごうとしたところ、脚が痺れて生まれたての小鹿のようになった。

去年は、逗子湾からキスは絶滅した、という噂?が立つほどだったが、今日は無事おかずがゲットできて満足。

f:id:t1000zawa:20200626134703j:image

 

 

 

 

在宅日記 5/25-5/29

作成中

5/25(月)

在宅勤務。緊急事態宣言解除。

夜散歩は葉山。元町ユニオンで買い物。葉山小学校からバスで逗子郵便局に戻る。f:id:t1000zawa:20200604092327j:image

f:id:t1000zawa:20200604092429j:image

5/26(火)

在宅勤務 19時からオンライン呑み会

5/27(水)

在宅勤務 中抜けしてSUPに行くが風とうねりがあって1時間くらいで退散。夕食はドミノピザ。散歩は小坪から材木座由比ガ浜、坂の下から大仏まで行って長谷駅から江ノ電横須賀線逗子駅に戻った。

5/28(木) 出社

5/29(金)在宅 中抜けでSUP

水星

私は細木数子の六占星術によれば「水星人プラス」らしく、2020年の運勢は悪いらしいのだが、余計なお世話。実際の空を見て宇宙に思いを馳せたほうが良い。

6月4日に東方最大離隔となるので、日没後の西の空に水星が見えているが、自宅からは山が邪魔して見えないので、夕食後海岸に出てみた。昨日と今日は、新月直後の細い月と、明るい金星と一緒に見られることもあり、天文関係のサイトには天体ショーとして紹介されている。

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/06-topics01.html

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/05-topics02.html

https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/11220_ph200524

f:id:t1000zawa:20200525093309j:image

今日の見え方はこんな感じ。
f:id:t1000zawa:20200525093012j:image

空が明るいうちは、月と金星(-4.1等級)がなんとか見えているが、光度の低い(-0.9等)の水星はまだ見えない。
f:id:t1000zawa:20200525093043j:image

10分ほど経過して空が暗くなってくると、ようやく水星が見えてきた。が、月と金星は雲に隠れてしまった。

f:id:t1000zawa:20200525093235j:image

明日、神奈川県も緊急事態宣言の解除が確定する見込みという。国道のこの表示も今期は見納めか。


f:id:t1000zawa:20200525093336j:image

後部硝子体剥離

先週火曜日から左目に「飛蚊症」らしい症状が発現した。もやーっとしたホコリが視野の中心にひとつと、視野の上部にバラバラとノイズがある。時々、視野の端に光が走るような「光視症」の症状も発現したので、加齢による「後部硝子体剥離」(こうぶしょうしたいはくり)なのかなと思い、念のため、地元の眼科で検査してもらうことにした。

1.はじめに | 黒いものが飛ぶ 飛蚊症 | 目についての健康情報 | 公益社団法人 日本眼科医会

飛蚊症 | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院

後部硝子体剥離 - 徳島県医師会Webサイト

f:id:t1000zawa:20200525093426j:image

OCTスキャナー(光断層干渉計)https://www.nidek.co.jp/products/ophthalmology/diagnosis_list/oct/

で網膜断面の状態を確認。もともと右目には加齢黄斑変性

加齢黄斑変性 - 目の病気百科|参天製薬

の疑いがあって都内の眼科で定期的に検査をしているが、右の黄斑部に若干変性が見られるものの、今回の検査では大きな問題はなく、かつ左右の差はあまりないとの結果。

今回診察の対象となった左目は、散瞳薬(瞳孔を開く薬)を点眼して眼底検査してもらうことに。

目の検査 | 医療法人鉄蕉会 医療ポータル(亀田メディカルセンター)

結果、眼科医によれば、眼底には飛蚊症の原因となっている部分が認められたということ、もう一箇所、レーザー治療をしたような歪がある場所があるという指摘(レーザー治療の経験はない)

診断は「後部硝子体剥離」による「硝子体混濁」。「後部硝子体剥離」の後発年齢は60歳だが、近視の人は10年程度早いケースが多いそうで、ドンピシャだ。加齢によるものなので大きな心配はないが、「網膜裂孔」にならないよう、飛蚊症の状態に変化があれば再診、変化がなくても1か月後に再検査となった。引き続き眼の健康には配慮が必要だ。

 

 

在宅 5/18-5/22

5/18(月)

在宅勤務。雨の一日。自宅に籠っていた。

5/19(火)

在宅勤務。夜の散歩は田越川沿いに東逗子まで。ヨークマートダイソー立ち寄り後、小雨が降ってきたので東逗子駅から電車で逗子駅。 

5/20(水)

在宅勤務。18時からオンライン呑み会実施。

5/21(木)

出社。電車はまだまだ空いているが、少し人が増えたかも。昼は中華食堂で久々にラーメン。カウンターには席ごとにパーテーションが立っていた。帰宅後、夜散歩は逗子市内。トイレが近くなり急ぎ帰宅。

5/22(金)

在宅勤務。夜散歩は逗子4丁目まで。スズキヤで買い物。