6馬力船外機修理

さて、前回の釣行が6馬力船外機の不調で、2馬力船外機での出船だったが、6馬力船外機の修理をせねばならない。船外機はトーハツ MFS6A2S。2003年製。

今年1月にエンジンオイル、ギアオイル交換済。昨年2月にインペラ交換と修理をおこなっている。

t1000zawa.hatenadiary.com

  

先月下旬に、近所のリサイクルショップで、倉庫に永く保管されていたと思われる未使用の船外機スタンド(にもなるマルチドーリー)を破格で手に入れた。ファクトリー・ゼロのF710。https://www.kai-you.com/boat-sub/multidolly.htm

アルミパイプ製のしっかりしたもので、定価は3万を超える。これはラッキーだった。

f:id:t1000zawa:20181014205950j:image

さて船外機の調査。スターターロープを引くと起動するが5秒くらいで止まる。思えばこの夏の猛暑の期間、エンジンを使わなかったのでキャブレターが詰まってしまったのではと想像。

f:id:t1000zawa:20181014210020j:image

キャブレターを外してチェック。
f:id:t1000zawa:20181014210059j:imagef:id:t1000zawa:20181014210126j:image

汚れも特に見当たらないが、キャブクリーナーで洗浄。戻して起動しても現象変わらず。

プラグや電装系は異常はなさそう。ただプラグはカブり気味。

オイルプレッシャーの警告ランプが朽ちていたが、アースに落ちたりショートは無し。

f:id:t1000zawa:20181014210202j:image

行き詰まったので、クルマのトランクに寝かせてボートショップに持ち込む。船外機の整備や修理のスキルをトーハツが認めたパイロット店で、昨年お世話になったショップ。工場で試運転してもらうと、現象再現。症状からキャブレターっぽい。同型のキャブレターを仮付けして試運転すると、無事起動。キャブレターもできる範囲で手入れしてるなら、手の届かない部分が詰まっているかもしれないから、ASSYごと交換したほうが良いとのアドバイス。一方、そもそも14年も経過した機なので、修理して使い続けるのもお金かかるよねと言いつつ、圧縮を測ってもらうとかなり低い。それを直すには機関自体のオーバーホールが必要だ。

ショップのお兄さんからは、キャブレター交換すれば起動するし、それだけなら自分でできるだろうから、工賃考えると自分でやれば、という有難いアドバイスを頂き、修理はせずに持ち帰り。部品はネオネットマリンの通販サイトで購入することにした。

 

注文した部品
3H6-71040-0 WARNING LAMP ASSY 

3R4-03200-1 Carburetor Ass'y 

 キャブレターは 11,578円(泣)

 今回も木曜朝発注で金曜発送、土曜午前到着。速すぎ。プラグやギアオイルなど消耗品も購入。中央は古キャブ。

f:id:t1000zawa:20181020113049j:plain

新品のキャブ。気持ちいい。ケーヒン製。https://www.keihin-corp.co.jp/product/product-genre/mechanicsg/

f:id:t1000zawa:20181020113100j:plain

早速取り付け。ガスケットも交換。

f:id:t1000zawa:20181020122217j:plain

エンジンスタートすると、一発起動OK。アイドリングも安定している。良かった~。

ついでにプラグ交換。オイルワーニングランプASSYも交換して作業完了。

f:id:t1000zawa:20181021000540j:image

 

 

3連休 10/6 10/7 10/8

10/6(土)

釣りのお約束があったので、前日10/5(金)の夜に上州屋新橋店でアミコマセとアサリを購入。塩害、線路陥没、沿線火災で首都圏の鉄道ダイヤが乱れる中、無事帰宅。
f:id:t1000zawa:20181007231657j:image

朝5時起床で浜を見に行くと、結構な波。三浦半島の一部では波浪注意報も出ているので出船見合せ。月曜にリスケになった。
f:id:t1000zawa:20181007231542j:image

夜は餃子が食べたくなり、逗子駅前の中華そば屋へ。

f:id:t1000zawa:20181007231608j:image

10/7(日)

朝から快晴だが、風強い。
f:id:t1000zawa:20181007231625j:image

午後は横須賀のホームセンターエリアへ。HOMESの後、無印良品のあるLivinへ。フロアがリニューアルされて100円ショップのSeriaが新規入店していた。今後使えそうだ。夕食は無印良品のカレー食べ比べ。グリーンカレーが健闘。

 

釣果報告 10/8

STさんとの釣行。台風25号の影響も収まり、今日は釣り日和になりそう。日の出とともに5時45分から準備して6時15分に出航。波は穏やか。6馬力船外機の調子が悪いので、2馬力船外機運用。2馬力で成人男性2名での出船は初めて。気になっていた船速は、北東の風の追い風効果もあるかも知れないが、9Km/h程度と1名乗船のときとあまり変わらないようだが、そもそも追い風が強いこと自体が、その後大きな問題になる。


f:id:t1000zawa:20181008195117j:image

今日の予定は前半に青物、後半にカワハギ。まず青物狙いで名島沖に向かう。水深35mくらいに点在する根の上にアンカリングを試みるが、北東の風が強い上に潮が速すぎて、ロープが浮いてしまいアンカーの着底わからない。船はどんどん南西に流される。戻ってアンカーを打ち直すがなかなかうまくいかない。

船を流しながら仕掛けを下すが、ラインは斜めの浅い角度にしかならず、アタリもわからない。なんとかアンカリングしようと移動を繰り返すが、強風の上に周期の短い白波が立っており、風上に向かおうとすると船首から波しぶきを被って、海水が前方に溜まる。船外機が軽いためか、重心がいつもより前方にあるようだ。

沖はだめだ・・他船がイナダを上げているのを横目に、テゴ島の北側の少し浅いところに移動。
f:id:t1000zawa:20181008195133j:image

水深13mくらいのところでようやくアンカーが効いてくれた。ここですでに午前8時前。朝からだいぶ走ってしまったので、燃料が1.1リットルしかない2馬力船外機のガソリン残量が気になり、持参した予備ガソリンをタンク(1.1リットル)に給油すると500ml入ってしまったから、すでに約半分消費したことになる。

さて、コマセを撒くがアタリが無い。ようやく落ち着いて釣りが始められる・・最初はSTさんにタカノハダイ

https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8E%E3%83%8F%E3%83%80%E3%82%A4

この魚、食用としては酷評が多く、我が家でも以前食べたことがあるが、その評判通りだったので、私はリリース対象にしているが、STさんは果敢にもキープ。臆病な魚なので、この魚が釣れるときは、他の魚は釣れないという説もあり、先が思いやられるなあと思ったら、STさん良型カサゴゲット。間を置かずアイゴの3連発。ヒレの毒針に刺されないように注意しながら生け簀に収める。

https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B4

そしてイシガキダイ。なんだかんだで快調だ。

f:id:t1000zawa:20181008195225j:image

イナダビシ仕掛けの私は、ちいーっちゃい石鯛が釣れた後、しばらく音沙汰がなかったが、強烈なアタリで30cm弱のメジナちゃん、そして私にも30cm弱のアイゴが来た。
f:id:t1000zawa:20181008195149j:image

風と波は無情にもにも収まる様子はない。葉山港の風速計によれば、北東の風が10m近く吹いているようだ。葉山釣具センターの手漕ぎボートも、曳舟で浜に戻るボートが目立ってきた。

11時、そろそろカワハギに転向したいところだが、この波と風で移動は躊躇する。今いるポイントも一応カワハギのポイントではあるので、カワハギ仕掛けを落とすと、エサ取りフグばかりで、STさんにメジナが来て盛り上がったくらい。

ついに意を決して、逗子湾沖のカワハギポイントに移動を始める。波が高くてスピードが出せない。波しぶきをかぶりながらようやく逗子湾沖でカワハギ実績の高いポイントにアンカリング。

勇んで仕掛けを下すが、カワハギのアタリがぜんぜん無い。常連のベラもほとんど顔を見せず、ここでも小型のフグばかり。もう10月の中旬にもなるのに、どうしたものか。水温がまだ高すぎるのか。f:id:t1000zawa:20181009184601j:imagef:id:t1000zawa:20181009184643j:image

結局、カワハギの顔を見ることもなく、13時に納竿。浜に上がると、穏やかな波と風。過酷な沖の天候がウソのようだ。逗子湾の場合、北寄りの風の日は、浜は凪なのに、沖に出ると荒れていることがある。披露山の上の方だけ風でざわざわしている日はそんなパターンにはまることが多いようだ。

14時前に自宅着。本命の顔も見れず過酷な釣りだったが、STさんも夕食のおかずを確保してもらえたので良かった良かった。
f:id:t1000zawa:20181008195352j:image

 我が家のおかずはアイゴ、メジナカサゴ、イシダイ。

アイゴは初めて捌いたが・・・内蔵の臭いが強烈~~さすがにこれは厳しいな。身も臭いが気になったので、刺身にしたものの歩留まりは悪かった。家族の評判は「ふつうの刺身」だった。カサゴメジナは煮つけにしておいしくいただいた。

f:id:t1000zawa:20181008195501j:image

夜、STさんから食レポ。送っていただいた写真には、旨そうな刺し身。

f:id:t1000zawa:20181009084714j:image

あれ?あのタカノハダイは?

驚いたことに、この綺麗に盛り付けられたお刺身は、あのタカノハダイとのこと。

味は、真鯛より甘味があって、油が乗っていて、 カサゴより旨い。白身の中では、相当旨いです。今日の釣果の白身 の中では、一番。

ええーマジかよ~。評判いまいちのお魚も美味しく召し上がるSTさんに感服するのであった。

タカノハダイやアイゴといった磯の雑食性、海草食性の魚は、味の面では固体差や地域差が大きく、かつ漁獲も安定しないので商品にはならず、それで釣りでの評価も低いのだろうが、商品にならない魚=美味しくないではない。天然のものなので、その当たり外れを楽しめるのが釣りの楽しみなのだが、一度ハズレを引くと躊躇するのも動物の学習という訳で、次回自分にアイゴとタカノハダイが来たら喜んでキープするかって言うと、、、ちょっとハードル高いなぁと思うが、、まだまだ修行が足りぬのだろう。

 

アイゴについては、こんな問題もあるのか。

https://www.townnews.co.jp/0501/2016/07/29/342472.html

 

以上、カワハギボウズのカワハギ釣行でした。11月にリベンジします。

 

 

 

 

台風第24号接近 9/30 10/1

今週末も台風接近。9/30土 18時の逗子海岸。サーフ天国。
f:id:t1000zawa:20181001082806j:image

昼過ぎにJR東日本が大英断。ニュースで見た瞬間、前代未聞、史上初だと思ったらやはりそうだった。
f:id:t1000zawa:20181001093703j:image

避難所情報。「自治体から配信されたデータをそのまま放送しています」との注釈がついているので、地域情報コモンズ(Lアラート)からの情報なのだろう。
f:id:t1000zawa:20181001093744j:image


f:id:t1000zawa:20181001183051j:image

風は18時過ぎから急に強くなった。台風の速度が上がっているので気圧の変化レートも -5.2hpa/hを記録。頭がふらふらする。

風速計は0時10分に27.6m/sを記録した後、0時30分頃故障した。

風速が見えなくなったのは残念だが、最寄りの気象庁の辻堂アメダスは最大瞬間風速36.8m/sだったので、その程度は吹いたのだろう。

午前3時過ぎからだんだん風は収まった。

10月1日午前6時の逗子海岸。
f:id:t1000zawa:20181001082906j:image

倒木、植木鉢割れ、塩害、アンテナ破損など被害多数。
f:id:t1000zawa:20181001082923j:image

10/1月 JR横須賀線は始発から運転見合わせらしい。7時過ぎの逗子駅。停電が理由になっている。自動改札機、電光掲示板は動作していない。
f:id:t1000zawa:20181001082954j:image
京浜急行は運転しているので、新逗子駅から振替乗車。特急羽田空港行。珍しく新逗子駅の改札で入場規制をおこなっていたが、足止めは3分程度だった。金沢文庫から特急高砂行に乗って日本橋へ。上大岡から川崎がノロノロ運転で、40分の遅延。満員電車の立ちっぱなしはキツかった。職場には10時過ぎに着いた。

台風の進路のまとめ。

f:id:t1000zawa:20181002215332p:plain

釣果報告 9/23 9/24

9/22(土)は強風と大雨の恐れで休漁。

9/23(日)朝から出船しようと様子を見に行くと結構な高波。危険なので見送り。
f:id:t1000zawa:20180925085755j:image

午後、波が落ち着いたので、1330 1名出船。2馬力船外機運用。小坪沖で青物狙い目だが、ネンブツダイスズメダイの常連ばかりの展開。テンションあがらず1530には帰宅。
f:id:t1000zawa:20180925085820j:image

9/24(月)今日も午後から。1400 1名出船 。2馬力船外機運用。小坪沖19mでオキアミ付けエサとジグで青物狙い目。ジグを底まで落としてしゃくっていると重くなった。が、全然暴れない。ボウっと上がってきたのはホウボウだった。しっかりフッキングしていた。生け簀に入れるとホウ ボウ と鳴くはお決まり。
f:id:t1000zawa:20180925085853j:image

その後、何故かホウボウが連発。ちょっと小型なのでお帰りいただいた。ホウボウは方々にいるとはこのことだ。海は静かで魚の気配がない。

空はすっかり秋の気配だが 、南風はまだ夏の暑さが残る。ホウボウとともに1530帰航。

f:id:t1000zawa:20180925090012j:image

ホウボウは刺し身でいただく。


f:id:t1000zawa:20180926010644j:image


f:id:t1000zawa:20180926010426j:image

上質な白身。これは旨い。甘い~。

横須賀線 新型車輌計画

今月になって横須賀線に新型車輌が導入される計画が発表された。2020年から。
f:id:t1000zawa:20180919083746j:image

http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180902.pdf

先代の車輌(113系)から現在の車輌(217系)に全て置き換わったのが1998年12月だったから、そろそろということなのだろう。

11両+4両という編成は変わらない。逗子での連結の風景も変わらない一方、

混雑も増しているので、普通車は全てロングシートとなり、クロスシート(いわゆるボックス席)は無いらしい。帰りに缶ビール飲みたければグリーン車へどうぞ、ということだ。