釣果報告 6/10

今日は同僚Tさんと。昼から南の強風の予報。南風が吹き出すまでに限定出船とし浅場のキス狙い+生きエサ泳がせ。朝6時に愛古堂さんにジャリメを買いにいくが、週末悪天候の予報だったので仕入れなかったとのことで、名物の太い青イソメとなってしまった。(太くて使いにくいんだよねえ…)


f:id:t1000zawa:20170610173501j:image

予定通り7時出航。快晴で、まだ凪。富士山は薄雲でほとんど見えない。

早速マツエダシ付近でイワシを探すが反応無し。仕方ないので風を気にしつつ名島へ。
f:id:t1000zawa:20170610163318j:image

 いたいた、イワシの群れが河のように続いている。
f:id:t1000zawa:20170610163327j:image

 群れはなかなかボートに近づいてくれないが、しばらく待っていると何度が押し寄せてくる。早速フラッシャーサビキを落とすが、全然針がかりしない。下から何かに追われて必死に逃げ回っているようで、補食モードになっていないみたい。

カサゴのゲストがあったものの、イワシの釣果は伸びず、マルイカチェックも反応ないので、森戸に移動して投げ釣りに変更。水深7mくらいの砂地だが、黄緑色の海藻が(フトジュズモ?)発生していて釣りづらい。

メゴチばりばち…

キスぽちぽつ…

イワシ生きエサには、ショゴ(カンパチ幼魚)がパクり。

 

だんだん風が強くなり、葉山港のトイレブレイクを挟んで逗子湾に入るが釣果は伸びず、湾内のこれ見よがしのバブルクルーザーのスレンダー水着ギャルに鼻の下が伸びるだけ。クルーザーがギャルの歓声と引き波を残して去った後、こちらに現れたのは丸々太ったフグだけだった。ますます波浪強くなってきたので11時過ぎに納竿となった。

 

きょうの感じだと、ショゴ狙いのルアーやれば良かったかもなあ。

 

追伸

朝方、海亀が死亡漂着していた。アカウミガメか?ご冥福を祈る。昼前には姿はなかったが、どなたか連絡されていたようなので回収されたのかも。
f:id:t1000zawa:20170610163352j:image

 

 

広告を非表示にする