釣果報告 5/21

今日は家族で朝8時出船。最初にサビキでイワシ生餌を釣って、その後キス&イワシ生餌のヒラメ狙いという計画。最初に6号サビキ仕掛けでいつもの逗子湾沖のポイントで探るがイワシは回ってない。そこで少し沖目に出たところ、ナブラが立っているところを発見、水深14mくらいの上から下まで魚探に反応あり。急いでサビキを落とすが、6号だと口に合わないのか、空振りばかり。ときどき5㎝クラスのチビウルメや、まぐれでかかったようなカタクチイワシが上がってくるくらいだったが、そのうちレギュラーサイズのカタクチイワシが一荷で上がったり、小サバが混じったりして十分な数になった。

その後、キス狙いボートの集まる森戸沖の7mラインでキス狙いで始めたものの、アタリは昨日以上に渋い。いいったいキスはどこにいるのか。妻は仕掛けがすぐにからまってイライラ中。うちのキス釣りは、仕掛けの絡みの少ない地元愛古堂特製?の鋳込みテンビンを愛用しているが、どうも手持ちの仕掛けがショートタイプだったためか、エダスとテンビンが近いのと、アオイソメを長めにつけるもんだから、エダスがラインにぐるぐると巻き付つくことが多発したようだ。生餌仕掛けもアタリなし。

そろそろ昼も近づいて来たので、逗子湾口の8mラインに移動。こちらもメゴチがぽつぽつ出るくらい。一方、生餌仕掛けは、投入直後にゴソゴソという反応があってあげてみるとハモノの仕業かイワシがぼろぼろにされていた。しまったアワセのタイミングを逃した。次に投入すると今度は軽いアタリ。仕掛けを上げてみると、茶色い物体が仕掛けを追ってくる。15㎝くらいのチビイカだった。人影に逃げるかと思ったが、ボートに仕掛けを寄せてもずっと追ってくる。水面で仕掛けを止めるとイワシを呑気に食い始めたので、あっさりタモですくってしまった。種類はマルイカのようだ。今シーズン初イカだ(苦笑)

f:id:t1000zawa:20170521125518j:plain

少しテンションは持ち直したもののキス狙いは相変わらずの惨状。そんな状況を打ち破ったのは息子の22㎝クラスのジャンボキスと、15㎝クラスのキスの一荷。やった~。息子の笑顔で一気にテンションが上がる。その後も良型のキスを追釣し、今日はいまいち釣果が冴えない母親に、キス釣りの極意を語っていた。14時前に納竿。 f:id:t1000zawa:20170521125442j:plain

今日の夕食は、生き餌で使わなかった&生き餌にして弱ってしまったイワシを使ってイワシパスタと、パスタなのだからキスも洋風に、ということでカルパッチョに。小イカはせっかくだから気分だけでもと刺身にした。息子が釣りたてイカを口にするのは初めてだったので、味あわせてあげたいと思ったから。

f:id:t1000zawa:20170521180842j:plain

f:id:t1000zawa:20170521180814j:plain

f:id:t1000zawa:20170521180810j:plain

パスタ、カルパッチョともおいしくて大満足。イカはたったこれだけでも味は別格だった。息子曰く、「かっぱ寿司のイカとは全然違う」・・あたり前だろ!!(笑)もっとイカ釣りたいね、今シーズンの重点項目である。

f:id:t1000zawa:20170521192938j:plain

今日の釣果を息子が描きました。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする