読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣果報告 1/7 釣初め

この3連休の天気は土曜だけ良くて日曜月曜は雨らしい。今朝は快晴で最低気温3℃と寒いが、風も弱く午後まで海上も穏やかなようなので、寒さの中、意を決して一人出船することにした。狙いはアマダイ。水深60m以上の少し深場に居る魚なので、ミニボートでは穏やかな日じゃないとそこまでなかなか行けないが、今日はチャンスである。

午前10時過ぎに、いそいそと準備をはじる。セーターや靴下は2枚重ねにした防寒体制でアマダイ仕掛けと冷凍庫のアミエビのエサを携えて出船。1人だとプレーニングして走るので速い。

f:id:t1000zawa:20170107102912j:plain

ポイントは名島からさらに南下した水深60mライン。逗子海岸から15分くらいで到着。

f:id:t1000zawa:20170107110227j:plain

風も無く、ベタ凪。

f:id:t1000zawa:20170107122546j:plain

アマダイ仕掛けはテンビンに2本針のシンプルなもの。アミエビをつけて底まで降ろしテンビンが着底したら、少し巻き上げてエサが底より少し上に漂うくらいにしてしばらく様子を見る。10分くらいしてもアタリがなければ巻き上げてエサチェック。電動リールじゃないから結構しんどい。11時30分頃、3回目の仕掛け投入で、着底後巻き上げると仕掛けを追いかけるように明確なアタリが来た。ゆっくり慎重に巻き上げる。上がってきたのは本命アマダイ。ワーイ!狙い通りに釣れると気持ちいいねえ。

f:id:t1000zawa:20170107113024j:plain

その後も海は穏やかで寒さを感じないので、追釣を狙ってしばらく粘る。ヒメコダイやヒメジなど外道が釣れたものの、本命は来ず。腹も減ってきたので13時30分過ぎに納竿。

アマダイは身が水っぽいので、今回は冷蔵庫でしばらく寝かせて熟成させてからいただくことにした。

 追伸

翌日1/8夕食で、ヒメコダイとアマダイ半身を刺身でいただく。ヒメコダイはねっとりした食感。アマダイはプリプリとして旨味がまだ薄い感じ。

翌々日1/9夕食の残りのアマダイ半身はねっとりとして旨味が出てきた。

やはり2日は寝かす必要がありそうだ。