読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣果報告5/15

釣り

朝6時に同僚iさんと出航。エントリーのためにウェーダーを持参してくれた。今日はキス狙いで、朝5時開店の愛古堂でジャリメを2パック購入。予備餌としてマルキューのパワーイソメを持参した。浜では北風そよそよで、そのうち南に変わる予報だった。
まず名島の鳥居近くの砂地10mラインから始める。ここはアオリイカのポイントでもあり、エギングロッドも試したかったからだ。北風が強く白浪状態。エギングは風でPEがからまりライントラブルで中断。キス狙いも小型メゴチ主体。その後、森戸のアサヒビール沖で10mから5mラインの移動を繰り返すが 、本命キスは振るわない。
葉山港で休憩した後、逗子湾沖のマツエダシ付近に転戦。12mラインの砂混じり岩礁帯というか岩礁混じり砂地帯というかそんなあたりでアンカーリング。ジャリメもそろそろ無くなるので、パワーイソメに手をつける。先日試してみたガルプと違って、ラベンダー香りが良いが、これで釣れるのか。

釣り始めるといきなり小気味良いアタリ。なんと良形のカワハギだった。気を良くして続けると、カサゴ、カワハギと続いた。たまりかねた同僚もイソメパワーでチャレンジ。すると、パワーイソメパワー炸裂、カワハギ2枚キター。
結局、ジャリメでキスはトータル10匹くらいは取れたものの、パワーイソメではキスは来ず、代わりにカワハギが来ると言う、何が本命だったかわからん釣りになったが、これまた人工餌のメリットが際立つ結果となった。
風は納竿の13時過ぎまでおさまらず、北東の風10m近くが吹き続けた厳しい釣りであった。